学校紹介

学校紹介

地域と共に

 希望と期待を胸に新入生11名を迎え、全校児童83名と教職員の新しい組織で、本年度の教育活動がスタートしました。より質の高い教育活動を目指し、教職員が協同し、課題を明確にしながら取り組みを進めてまいります。学校教育に対するご意見やご要望を賜りながら常に活性化を図るべく学校改善に取り組んで参りたいと思います。本校は、学校教育目標を「夢をもち 元気で学ぶ やさしい子」と掲げています。その実現に向け、「基礎基本の定着と活用力の向上、自分や人を大切にする人間関係づくり、体力作りに取り組む児童の育成」を目指し、児童の実態を明らかにし、目標を明確にしながら取り組みを進めていきます。

 さて、本校の特色ある取り組みとして、川柳学習ときゅうり栽培があります。川柳は、久米南町が戦後から町おこしのために取り組んでいるもので、町の大きな特色となっています。低学年対象の川柳教室を地域の講師を招いて行ったり、校内川柳集会を開催したり、地域の弓削川柳社の川柳誌に応募したりするなど全校で取り組んでいます。その他にも、毎週の生活目標やその反省、行事の振り返りを川柳で表現するなど、年間を通して取り組んでいます。きゅうりは、久米南町の特産です。これは、毎年5年生が総合的な学習の時間で取り組んでいます。地元JAきゅうり部会の方の全面的なご指導・ご協力により、植え付けから収穫、出荷まで行っています。

 また、本校は、平成27・28年度、キャリア教育実践モデル開発事業(久米南中学校区・岡山県教育委員会)の指定を受け、研究をしてきました。本年度はその研究成果をもとに、引き続き人や場など豊富な地域資源を活用しながら、社会人として自立できるよう勤労観や職業観を育てていきたいと思います。先人たちが築き上げてきた弓削小学校140有余年の伝統や文化を大切にしながら、久米南町の教育基本方針にある「自然やふるさとを愛し、自分や人を大切にし、久米南町を誇りに思う子どもの育成」を目指していきたいと思います。今後とも、ご理解・ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

弓削小学校長  河本 弘志

 

~本校のミッション~

  1. 子どもに対して・・・全教育活動を通じて、基礎的な学力と社会性の基礎を身に着けた児童の育成に努める。
  2. 教職員に対して・・・学校経営方針に対する共通理解を図ることで、学校経営の参画意識を持ち、自己目標シートをもとに効果的な面談に努め、指導力が向上するよう指導助言する。また、互いに報告連絡相談しやすい人間関係づくりに努める。
  3. 保護者に対して・・・日ごろから教職員との連携を密にし、学校の教育活動や教育課題などをしっかり伝えることで、お互いの信頼関係を築き、共通の目標に立って児童の教育に努める。 
  4. 地域に対して・・・開かれた学校づくりや情報発信により、学校教育に対して理解を得、協力していただいたり、児童の健全育成や安全確保の支援をいただけたりするようにする。


  • お知らせ一覧
  • できごと一覧
  • 学校紹介
  • 学校行事
  • 学校便り
  • リンク集

HOMEに戻る