• くらしの情報
  • 観光・イベント
  •  
  • ビジネス・産業
  • 町政
  • くらしの情報
  • 観光・イベント
  • ビジネス・産業
  • 町政

ホーム > ビジネス・産業 > 農林業 > 農林業 > 農地・水保全管理支払交付金制度

ビジネス・産業

農地・水保全管理支払交付金制度

農地・水保全管理支払交付金制度

農林水産省では、地域の手で農地や農業用水・地域環境を守る取り組みに対する支援をおこなうため、平成19年度から「農地・水保全管理支払交付金」による支援を行っていましたが、平成24年度からは、集落を支える体制の強化や仕組みの簡素化を図り、平成28年度までの対策として継続します。

また、制度の改正に伴い、老朽化が進む農地周りの水路等の施設の長寿命化の取組や、水質・土壌などの高度な保全活動への支援が拡充されます。

農地・水保全管理支払交付金制度の構成と組織

農地・水保全管理支払交付金制度は、(1)共同活動支援交付金(2)向上活動支援交付金の2つの交付金事業から構成されています。向上活動支援交付金による取り組みを行うためには、共同活動支援交付金による事業を実施する必要があります。また、これらの取り組みを行うには、前もって組織を設立する必要があります。

交付金の種別と支援内容

共同活動支援交付金

  1. 基礎活動・・・農地、水路等の基礎的な保全管理活動(水路の草刈り・泥上げ、農道の砂利補充など)
  2. 農村環境保全活動・・・農村環境の保全のための活動(生物多様性保全、景観形成など)

向上活動支援交付金

  1. 施設の長寿命化のための活動(農業用用排水路等の補修・更新など)
  2. 高度な農地・水の保全活動(水質、土壌、地域環境の保全のための高度な取組)
  3. 農地・水・環境保全組織の取組(組織の設立、地域資源保全プランの策定など)

組織

同交付金を受けて事業を行うには、予め事業主体となる組織を設立する必要があります。組織の種別としては、(1)活動組織、(2)農地・水・環境保全組織の2種類があります。地域住民を事業主体とする場合、活動組織にて実施することとなります。

活動組織

集落等の比較的小規模な単位で、個人の農業者に加え、地域住民、自治会、関係団体など、農業者以外の構成員を含む多様な主体が参画する組織です。

活動の手順

同交付金を活用した地域活動の手順は、以下の流れとなります。

  1. 組織の設立
  2. 計画の策定
    地域で取り組むそれぞれの活動の計画を策定します。
  3. 申請書類の提出
    町と協定を結ぶなどの手続きを行い、組織から地域協議会(○○)または都道府県へ申請を行います。
  4. 活動の実施
    交付金を受け、2で策定した計画に基づいて活動を実施します。
  5. 活動の記録・報告
    日々の活動や作業内容、金銭の収支等を記録します。年度を通じた記録を取りまとめ、久米南町へ提出してください。

リンク

農林水産省農林水産省:農地・水保全管理支払交付金(旧農地・水・環境保全向上対策)

添付ファイル

様式集(2012年5月15日現在)(ZIP:1,004KB)

ダウンロード後、展開してご利用ください。

更新履歴

現在が最新版です

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは産業振興課です。

岡山県久米郡久米南町下弓削502-1

電話番号:086-728-4412,086-728-2134

お問い合わせはこちら フロアマップ

アンケート

久米南町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

        

Q.このページは見つけやすかったですか?

        

ビジネス・産業のお知らせビジネス・産業のお知らせ

2017年12月15日  

平成30年度・31年度入札参加資格申請について