久米南町 移住ノススメ

自然とほどよい距離にあるいいこといっぱい!! 久米南町!!

いいひと、いっぱい。 川柳とエンゼルの里・久米南町

先輩移住者メッセージ

久米南町で移住生活を始めた先輩移住者にインタビューしてきました。
「久米南町ってどんなところ?」「久米南町でどんな生活ができるの?」など、久米南町での様子を先輩移住者が教えてくれます。
あなたの求める生活スタイルが、ここにきっとあるはず。

民宿(そのだファーム)園田 夫妻
農業(ブドウ)加原 さん
農業(有機無農薬)杉岡 さん
農業(きゅうり)亀野 夫妻
起業(ベーグル専門店)田中 夫妻

園田さん夫妻(平成14年から)

  • 住所:久米南町上籾
  • 氏名:園田 良美さん 壽美惠さん
  • 定住期間:平成14年~
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 職業:民宿(そのだファーム)
園田さん夫妻
01.久米南町へ移住を決めたきっかけは?
古民家での田舎暮らしに憧れがあったこと。
田舎を感じさせる、趣ある家屋を紹介され、魅力を感じたことです。
02.久米南町に住んでみてどうですか?
前居住地と比べれば、不便はあります。しかし、それを許せる程の価値がここにはあります。
03.上籾で民宿業をやってみて?
民宿では、都会から訪れたお客さんに、田舎の落ち着きや穏やかさ、懐かしさを感じていただいています。大きな空を見上げて「天の川」が見えた時などは、とても感動していただきました。また農業体験など田舎暮らしを体験していただくファームステイなども行っており、リピーターも多いです。平成22年には、「農林漁家民宿おかあさん百選」に選ばれ、田舎ならではの「おもてなし」を心がけています。
04.久米南町を紹介すると?
とても穏やかな人が多く、のんびりとしています。地域とのふれあいを大事にしています。
町民では気づかない「資源の宝」がたくさんあります。その価値を見いだしてほしいです。

担当から
ひとこと!

田舎の暮らしに溶け込み、いつも笑顔の園田夫妻。地域とのふれあいを大事にし、地区の役員なども務める元気いっぱいのご夫婦です。これからも、民宿を通じて田舎の魅力を伝え、都市部からのお客さんに心の癒しを与え続けてください。

加原さん(平成22年から)

  • 住所:久米南町山手
  • 氏名:加原 昭典さん
  • 定住期間:平成22年~
  • 出身地:岡山市
  • 職業:農業(ブドウ)
加原さん
01.久米南町へ移住を決めたきっかけは?
平成21年にサラリーマンから農業への転身を決意し、大阪で開催された「交流・定住フェア」で就農相談。
久米南町の農業研修による受け入れを知ったことと、久米南町が理想の田舎風景だったことからです。
02.農作物の品目は何?
山手でブドウを栽培しています。品種は、シャインマスカット、ピオーネ、オーロラブラック、瀬戸ジャイアンツです。農業研修の初めから、約60アールの畑が用意されており、やりがいが見いだせたことも定住の決め手となりました。
03.農業は大変なのでは?
私は、サラリーマンより農業の方が向いています。大変と感じるよりは、やりがいや夢を見いだせています。
04.久米南町を紹介すると?
久米南町は災害が少なく温暖な気候。地域のつながりもあり、ほど良い田舎。理想の町です。

担当から
ひとこと!

ぶどう栽培も8年を迎え、プロの就農者となった加原さん。「さぼらず真面目に、やる気とガッツを持って働けば、地域の先輩から応援をいただける。」と話す。そんな加原さんを目標に新たな新規就農者も増えています。
おいしいブドウをたくさん作って、町の特産を広く紹介してください。応援しています。

杉岡さん(平成23年から)

  • 住所:久米南町下籾
  • 氏名:杉岡 直人さん
  • 定住期間:平成23年~
  • 出身地:福島市
  • 職業:農業(有機無農薬)
加原さん
01.久米南町を知ったのは?
兄の知り合いから紹介を受けたことがきっかけです。
02.久米南町へ移住を決めたきっかけは?
岡山は、どの原発からも離れていること、災害も少なく自然が豊か。
久米南町は、以前に住んでいた地と似た風景、地形だったからです。
03.久米南町の暮らしは?
私の住んでいる下籾地区は、とてものどかで、暖かい皆さんばかり。農業では、田んぼの水番など、大事な任務も教えていただき、少しずつですが、地域に溶け込んでいます。
また、下籾地区には、イノシシわなの免許を持っている方がいなかったので、免許を取得しました。そのほかにも、消防団や籾村セーフティーライス倶楽部にも加入しています。
04.久米南町を紹介すると?
景色はのどかで、明るく、おおらかな人ばかり。溶け込みやすい土地柄だと思います。

担当から
ひとこと!

地域活動に積極的に取り組んで協力し、期待に応えている杉岡さん。家庭もとても和やかで、ゆっくりとした時間が流れていました。これからも、ふれあいを大切にして、地域活性化の力となっていただくことを期待しています。

亀野さん夫妻(平成25年から)

  • 住所:久米南町峠
  • 氏名:亀野 晃弘さん 寛実さん
  • 定住期間:平成25年3月~
  • 出身地:大阪府門真市
  • 職業:農業(きゅうり)
亀野さん夫妻
01.久米南町へ移住を決めたきっかけは?
昔から農業がしたかったので、移住相談会などに参加して情報収集していました。
県が主催するキュウリの新規就農研修に参加し、そこで知り合った人のほ場に月に1回来て作業をさせてもらい、ここで農業がしたいと思いました。
02.久米南町での活動は?
研修が終わってからは町内にほ場を借りて、キュウリの栽培を主に、白菜、大根などを作っています。
03.久米南町でやりたいことはなんですか?
とにかく農業がしたいです。農業がしたくて久米南町に来ました。
04.久米南町を紹介すると?
とてもええところです。みんな人柄がいいし、とてもよくしてくれます。

担当から
ひとこと!

移住前から1年間地域に通い信頼関係を築いた後「この地域なら!」と移住を決めた亀野さん。持ち前の明るさと農業への熱心さで、地域からの信頼も厚く、地域の担い手として頑張っています。

田中さん夫妻(平成27年から)

  • 住所:久米南町里方
  • 氏名:田中 充さん 美生さん
  • 定住期間:平成27年6月~
  • 出身地:香川県まんのう町
  • 職業:起業(ベーグル専門店)
田中さん夫妻
01.久米南町へ移住を決めたきっかけは?
石窯を使ってベーグルが作りたいと思い、インターネットで今の物件を見つけ、実際に見に来て一目ぼれして決めました。まちの雰囲気や空気もとても気に入りましたし、役場に移住相談した際に職員の方の対応がよかったです。また、地域の方に話を聞いたら、住みやすいところだと勧めてくれました。
02.久米南町での活動は?
ベーグルのお店をしています。昨年はブドウとモモの農作業のアルバイトも経験させてもらいました。
平成28年からは、交通指導員になったので、朝は通学路に立って子どもたちの登下校を見守っています。
03.久米南町に住んでよかったことはなんですか?
自然がいっぱいで空気がよく、過ごしやすい気候です。家の前にある川にはカメなどの小動物がいて和みます。また、外に出て空気を吸うと落ち着きますね。
04.久米南町でやりたいことはなんですか?
いずれはコーヒーを出してゆっくりとベーグルを食べるスペースを設け、来てくれた人にほっとするひとときを味わってほしいです。
05.久米南町を読者に紹介すると?
田舎暮らしにあこがれている人にはちょうどいいところだと思います。のんびりした空気が流れ、地域の人もいい人ばかりですよ。

担当から
ひとこと!

ご夫婦2人で営むオシャレなベーグル屋さんは、町内外からお客さんが訪れる人気店です。「夫婦で無理せずゆったりとお店を続けたい」と話す田中さん夫妻のベーグルには、2人の温かさが詰まっています。