• くらしの情報
  • 観光・イベント
  •  
  • ビジネス・産業
  • 町政
  • くらしの情報
  • 観光・イベント
  • ビジネス・産業
  • 町政

ホーム > 町政 > 町の紹介 > 町の紹介 > 町章・シンボル・マスコット

町政

町章・シンボル・マスコット

町章

町章

町章の由来

久米南町のく(久)とみ(南)を図案化し、組み合わせたもの。円形は発展・向上を、また、左右を結んで力強い協力を象徴しています。

昭和39(1964)年4月1日制定

町花・町木

町合併20周年を記念して昭和49(1974)年10月6日制定。

ツツジ
町花「ツツジ」

イチョウ
町木「イチョウ」

シンボルマーク

シンボルマーク

久米南の頭文字「く」と「k」を川柳の里にふさわしく「未来に吹く風」のようにデザイン化。エンゼルのように「未来へ翔ぶ」純粋な優しさを象徴しています。
町合併40周年を記念して全国公募した中から5点を選び、住民投票によって佐賀県佐賀市のグラフィックデザイナー永石繁信さん(当時49歳)の応募作品を採用。

平成5(1993)年9月9日制定

マスコットキャラクター

カッピー

シンボルマークと一緒に全国公募。301点の中から「川柳とエンゼルの里」にふさわしいものとして決定。町のマスコットとして定着しているかっぱがエンゼルになって町に夢や幸福を運んでくるイメージが表現されています。

愛称は、平成7(1995)年に公募。「カッピー」の愛称には10名の方々の応募がありましたが、ほとんどの方が「カッパ」と「ハッピー」をかけ合わせて命名したようです。

カッピーのプロフィール

生年月日

平成5(1993)年9月9日

生みの親

國忠 敬子さん(久米南町下弓削)

名づけの親

  • 國忠 浩文さん(久米南町下弓削)
  • 福井 清一さん(久米南町下弓削)
  • 藤本 恵実さん(久米南町下弓削)
  • 野村 隆行さん(久米南町上弓削)
  • 勝田 ひろみさん(久米南町羽出木)
  • 金畑 美津子さん(久米南町塩之内)
  • 加藤 早苗さん(久米南町里方)
  • 村田 勝美さん(岡山県久米町)
  • 綾部 知夏さん(山梨県)
  • 治部 陽子さん(東京都)

キャッチフレーズ

「川柳とエンゼルの里・久米南」

平成4(1992)年12月策定した第3次久米南町勢振興計画で、「夢と未来のある美しく豊かな住みよい町」を町政の礎とし、「川柳とエンゼルの里・久米南」をキャッチフレーズに掲げ、真の豊かさを実感できる郷土づくりを積極的に取り組むことにしています。このキャッチフレーズ、とくにエンゼルには次の4つの意味合いがあります。

  • 「弓削」の「弓」にちなんで、キューピット、ウィリアムテル、ロビンフッド、那須与一など歴史的人物や童話の世界の人物が考えられますが、まずキューピットは、女性のハートを射止める手に弓を持った子どもの姿で表され、愛の神・結婚の神でもあります。
  • キューピットからエンゼルを発想し、本町では、子どもの数が激減していることから、結婚した夫婦に多くの子どもが授かることを願い、天使(エンゼル)のような子どもが多く生まれる町になることを将来に期待してエンゼルの里としました。
  • 「弓削」の「弓」にちなんでエンゼル、キューピットを発想するといいましたが、歴史的には古来から弓削庄の産土神(うぶすながみ)がある志呂神社(建部町下神目)に関わる京尾御供は、男女や子どもに関する歴史的な特性があります。
  • 本町の大きな課題である若者の減少に歯止めをかけ、多くの若者が定住・結婚し、子どもが増加し活力ある地域社会の形成を図ろうとするところに、このキャッチフレーズの大きな意義があります。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは総務企画課です。

岡山県久米郡久米南町下弓削502-1

電話番号:086-728-2111(代表)

FAX:086-728-2749

お問い合わせはこちら フロアマップ

アンケート

久米南町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

        

Q.このページは見つけやすかったですか?